本会について

会 則

【総 則】
第1条  本会は老眼研究会と称する。
 
第2条  本会は事務局を慶應義塾大学医学部眼科におく。
 
第3条  本会は老視(老眼)の治療を開発するとともに、老視(老眼)の発症予防、治療に関する研究に関する情報交換を行い、研究を支援し、老視(老眼)に対する啓発を積極的に行うことを目的とする。
 
【事 業】
第4条  本会は前条の目的を達成するために次の事業を行う。
1)学術集会・講習会の開催
2)老視(老眼)発症予防、治療に関する最新情報の交換
3)老視(老眼)研究や老視(老眼)に関する講習会への助成
4)その他本会の目的達成に必要な事業
 
【会 員】
第5条  本会の会員は本会の目的へ賛同する眼科専門医または企業。入会には事務局または世話人会の承認を必要とする。
 
【会員の義務】
第6条  会員は、会費を納入しなければならない。また年に1回以上の学術集会に参加しなければならない。
 
【会員の権利】
第7条  会員は次の権利を有する。
1)本会の学術集会に出席することができる。
2)老視(老眼)に関する最新情報を入手することができる。
 
【役 員】
第8条  本会には次の役員をおく。
1)世話人代表を1名おく。世話人代表は世話人の互選による。
2)世話人  若干名
 
【会 議】
第9条  本会の会議は世話人会をもって構成し、議長は世話人代表とする。
 
【世話人会】
第10条 世話人会では、下記の項目を検討し、報告しなければならない。
1)予算を含む年度事業計画の承認
2)決算を含む年度事業報告の承認
 
【学術集会】
第11条 本会は年に1回学術集会を学術集会会長の主催のもとに開催する。
 
【会 計】
第12条 本会の会計は会費、寄付金およびその他の収入をもって処理する。
 
【会計年度】
第13条 本会の会計年度は毎年4月1日に始まり、翌年3月31日で終わる。
 
【規則の変更】
第14条 本規則は世話人会および総会の議を経て変更することができる。
 
【付 則】
第15条 1)本規則は平成20年4月1日から施行する。
2)年会費は次のとおりとし、平成20年4月1日から施行する。
  正会員 3,000円